【レビュー】Carmate|特選!クイックホールド式スマートフォンホルダーをお勧めしてみる

🔩《固定》片手で挟んでがっちりホールド!着脱性抜群!
車載でも卓上でも使えるカーメイトのスマホホルダー

仕事や生活から手放すことができなくなりつつあるスマートフォン。

普段どこに置いてますか?

“家に帰ったら

ベッドやソファにポイっと…

気づいたら、どこかへ行ってしまったり🎈
かと思ったら踏んでいたり👣

テーブルの上に置いておいたら…
飲み物こぼして大惨事になったり💦

“車に乗ったら…”

とりあえず、
センターテーブルか
カップホルダーに…

運転してたら、シートのすきまに落ちたり💦

決まったところに置いていないと不便です。

車でスマホを使いたいけど、何かいいスマートフォンホルダーないかな?

パソコンの横において、操作できるスマートフォンホルダーないかな?

吸盤がしっかりしたスマートフォンホルダーが欲しい!

机の上にスマホを置いて動画を観たり音楽が聴きたい!

サッと付けてスッと外せるスマートフォンホルダーがあるといいな。

そんなあなたのお悩みを解決する
おすすめスマホホルダーです

“CARMATE” スマートフォンホルダー [SA23]


車載でも卓上でもつかえる
吸盤タイプのクイックホールド機構

『カーメイト』
スマートフォンホルダー
[SA23] 

このスマホホルダーがあると
サクッと使いたいときに
すごく便利なんです。


 カーメイト

Carmateは1966年に設立された、カー用品を企画・開発・製造しているメーカーです。

ドリンクホルダー・スマートフォンホルダー・アッシュトレイやルーフキャリア・チャイルドシートなど、さまざまな製品をつくっています。

カーメイトの製品は、国内の自動車メーカーも純正アクセサリーとして採用しているので、高い品質と性能、信頼性があります。

この点は購入の決め手のひとつです。

 製品情報

仕様

製品名スマートフォンホルダー
型番SA23
大きさ (縦×横)90~130㎜×85~118㎜
重量 (本体)158g
ブラック
定価1,980円 (税込)
発売日2018年03月13日



概要

●スマートフォンを片手でセットできて、取外しも素早くできます。

✅かんたんに固定できて、すぐに手に取りたい時もサッとスマホがつかえます。

●ホルダーを調整できる角度も広いので、画面を見やすいところへ自由に変えられます

✅90度に回転もできるので、スマホを横にして大画面で動画がみられます。

●取付けできるスマートフォンの大きさと重さは、横幅が55~88mm重量が220g以下です。

📌ここで、歴代のiPhoneのサイズをまとめてみました。

iPhone 横幅 重量
iPhone 12 Pro Max 78.1mm 226g
iPhone 12 Pro 71.5mm 187g
iPhone 12 mini 64.2mm 133g
iPhone 12 71.5mm 162g
iPhone SE (第2世代) 67.3mm 148g
iPhone 11 Pro Max 77.8mm 226g
iPhone 11 Pro 71.4mm 188g
iPhone 11 75.7mm 194g
iPhone XS Max 77.4mm 208g
iPhone XS 70.9mm 177g
iPhone XR 75.7mm 194g
iPhone X 70.9mm 174g
iPhone 8 Plus 78.1mm 202g
iPhone 8 67.3mm 148g
iPhone 7 Plus 77.9mm 188g
iPhone 7 67.1mm 138g
iPhone SE (第1世代) 58.6mm 113g
iPhone 6s Plus 77.9mm 192g
iPhone 6s 67.1mm 143g
iPhone 6 Plus 77.8mm 172g
iPhone 6 67.0mm 129g
iPhone 5c 59.2mm 132g
iPhone 5s 58.6mm 112g
iPhone 5 58.6mm 112g
iPhone 4s 58.6mm 140g
iPhone 4 58.6mm 137g

✅iPhone 11 Pro MaxとiPhone 12 Pro Max以外であれば、すべて取付けできます。そのほかにも、さまざまなスマートフォンに対応しています。

●スマホホルダーの土台でもある吸盤は、
エラストマー樹脂※1ポリウレタン樹脂※2
組み合わせたハイブリッドゲル吸盤になっています。

※1 エラストマー樹脂…ゴムとプラスチックの双方の中間的な性質で適度な弾力性と耐久性が高い特性を持つ樹脂
※2 ポリウレタン樹脂…柔軟性と弾性に優れており衝撃に強く防振・防音効果が高い特性を持つ樹脂

✅吸着力がとても高い吸盤なので、ホルダーベースがかんたんに取れることはなく、スマホの保持にイライラすることもありません。

●スマートフォンに接するホルダー部分は、左側のフラップと右側のクッションで構成されており、左右のアームでスマホを保持する構造です。

✅スマホとホルダーの接触する左右の箇所が最大35mmと少ないので、充電端子が下部や上部付近にあるものは、充電しながら保持できるので便利です。

⚠️しかし、形状によっては音量ボタンや電源ボタンなどに干渉する場合がありますので注意が必要です。

👎スマートフォンのサイズに合わせて固定するので、お手持ちのスマートフォンが複数ある場合や機種変更などでサイズが変わると再度、固定幅を変える必要があります。
とはいえ、横幅はかんたんに変えられますので問題はありません🆗

●スマートフォンに接する左右アームのパーツは、ラバーの質感と高い耐久性を併せ持つエラストマー樹脂を採用しています。また、車での使用が考えられているため走行中でも「カタカタ」音がしないと同時に本体にキズがつきにくく、振動音を防止することができます。

✅しっかり保持できて振動などでかんたんにスマホが外れることもなく、画面のタップ操作もできます。

✅ホルダーアームの高いクッション性のおかげで、お気に入りのスマホにキズがついてしまう心配もありません。

 レビュー

同梱物

  1. スマートフォンホルダー (本体)
  2. 取付プレート
  3. 取扱説明書

スマホホルダー本体の色は、ブラックです。
シンプルでても良いです

吸盤タイプのカラーバリエーションは、
カーボンスタイルの
ブラックメッキ
メタリックレッド
グロスブラック
などがあります。

取付プレートの裏には両面テープが付いおり、クルマのダッシュボードなど多少の凸凹があるところでも貼付けできるので、ホルダーの設置場所には困りません。

私は「卓上でパソコンの横に置いて使いたい」
ということで、机の上に設置してみました。

①吸盤を取付けます。

固定したいところに吸盤を貼り付けてフックを下げます。

「これだけ。簡単です。」

固定力。
半端ない。

「かなりがっちりしているので、
 かんたんに取れてしまうことはないです。

②スマートフォンを固定します。

スマートフォンの横幅を合わせるために左右のホルダーを広げます。
スマートフォンをホルダー中央に置き、左右のホルダーを外側から内側に押し付けて幅を合わせます。

③スマートフォンを取付けます。

右側のクッションに押し当てながら、左側のフラップに入れます。

「これで固定完了です。」

保持力。
半端ない。

「机に設置しながらも、タップやスクロール、
 文字打ちもグラつくことなく操作できます。
 すごくしっかりしています。」

④スマートフォンを取外します。

ホールドに0.3秒、取り外しに0.1秒。
カンタンなのに、しっかりホールド。

Carmate

 まとめ

使ってみると、吸盤の固定力とスマートフォンの保持力に驚きました。

何よりスマートフォンをホルダーにセットした状態での操作性が圧巻です。

そして、スマートフォンを手に取りたいときに、かんたんに取り外すことができて、キズもつきにくいので安心してつかうことができます。

スマホの横幅に合わせてアームがロック🔒できたら、さらに良かったですね!

TOMO
TOMO

 おまけ

カーメイトのクイックホールド式のスマホホルダーには、たくさんのバリエーションがあります。

エアコンルーバー取付タイプ

スタイル/色 型番 価格
カーボン調/ブラックメッキ SA17 2,750円
カーボン調/メタリックレッド SA18 2,750円
カーボン調/BLACK EDITION DZ520 2,530円

両面テープ貼付タイプ

スタイル/色 型番 価格
カーボン調/ブラックメッキ SA19 2,420円
カーボン調/メタリックレッド SA20 2,420円
カーボン調/BLACK EDITION DZ521 2,200円

ロングアーム

タイプ/色 型番 価格
エアコン取付/ブラック SA22 1,980円
吸盤取付/ブラック SA27 2,640円

さまざまな取付タイプがあるので用途に合わせて選んでみて下さい。

最後まで読んで頂きまして
ありがとうございました 🙇

いいね!